経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

コンサルタント紹介します!
第2回 『コンサルタントの価格』
株式会社コンサルジェント
代表取締役 樋笠 耕治
※『コンサルタント紹介業』という少し変わったビジネスの話を毎月1回 お届けしていきます

《今回のテーマ》   『コンサルタントの価格』

■価格の根拠って?

一般的に「コンサルタントは高い」と表現されることが多いと感じます。
私もお客様の相談で、まっ先に聞かれるのが費用の問題です。

これは高い、安い、ということ以前に、基準がよくわからない、ハッキリしない、ということに原因があると思います。では、コンサルタント側は、どのような根拠で費用を決めているのでしょうか?

思い当たるのが、業界の「相場」というものでしょうか。相場というと、右に倣えというか、適当に決めているようにも聞こえますが、けっこうこの「相場」の範囲で決めていらっしゃる方が多いと感じます(コンサルタントからいくらが良いか、と逆に質問を頂くこともよくあるくらいです)。

例えば、外資系企業なら、時間当たりのチャージで、コンサルタントのキャリア・実績に応じて厳密に区分され、管理されているのが一般的な姿です。こういったシステムの中で経験を積んだ方は、タイムチャージ(例えば時間当たり2万円など)と決めている方もいらっしゃるようです。

また外資系の特徴は、プロジェクト全ての時間にチャージされますので、たとえ顧客に訪問していなくても、顧客のために費やした調査時間なども、すべてチャージされるのが一般的と聞きます。

こういった仕組みが馴染まないのか、日本のコンサルティング会社では、顧客に訪問して費やした日数ベースで計算している場合が多いようです(例えば1日15万円など)。

個人で開業されている方も多い、中小企業診断士のような資格者の場合は、報酬基準(あくまでも目安にすぎないが)に則って、企業診断1日10万円、などと決めているケースも見られます。


■顧客側から見れば・・・???

ここまでのお話は、いわゆるソフトウェア開発に見られる人月(にんげつ)という発想と、根本は同じだと思います。つまり上級SEレベルの人間が1ヶ月稼動して○万円、ということでしょう。

技術レベル(ランク)と稼働日数に応じてチャージされる考え方です。ここでやっかいな問題は、

○コンサルタントは稼働時間で評価されるべきか?
○SEでいう技術レベルは、どう客観的に評価・格付けされるのか?
○そもそも顧客は成果にお金を払いたいと思っていないか?

ということです。

まずコンサルタントは本来、稼働時間のみで評価されるべきではないと考えます(そう思いませんか?)。知的生産を要求されるビジネスマンでさえ、裁量労働制や成果主義に見られるように、タイムカードの対価で報酬が支払われる訳ではありません。

しかし残念ながら、コンサルタントの力量を、客観的に測る基準らしきものは、今のところ存在しません。(学位や資格なども基準のひとつですが、それは基準の一部であって、それに比例して力量が高い訳ではないでしょう)。

では経験年数でしょうか?
いや、30年選手よりも実績を挙げている、経験の浅いコンサルタントも多数いらっしゃいます。

ですから止むを得ず、業界の「相場」に落ち着いてしまうのかもしれません。
この点については皆さんのご意見を頂きたいところです。


■良質なサービスを適正価格で買うために


では、コンサルタントを検討する企業は、価格面で、どこに注意したら良いのでしょうか。

企業側にとって、一番大切なのは、期待する成果と、コンサルタントの提供する価値を自社なりの判断で見極めることだと思います。

例えば従業員が数十名の中小企業の場合、一般社員一人分のコストで、会社の課題を解決したり、新規事業を推進したり、収益体質に変えていくことができれば、とても安い買い物ではないでしょうか(当然、どういう成果を求めるかによりますが)。

これは単純に労働時間で計るのでなく、たとえ月当たり2、3日しか稼動していなくても、事業に対する付加価値や成果で考えるべきでしょう。

また外部の教育機関を活用する(社員を出席させる)コストよりも、自社に合わせたオーダーメイドの研修メニューを組んでもらうほうが、ずっと高い効果を出せるケースもあると思います。

さらに、コンサルティングの価格と価値が適性かどうか?を判断するには、1社だけの提案でなく、事前に複数からの提案を聞いて比較検討することが、最もわかりやすくてすぐに実行できる手段だと思います。

とくに初めてコンサルタントを活用する企業にとっては、値段の目安がまったく見当もつかない、というケースも多いと感じます。複数の提案を受けることによって、それぞれの考え方の違いが明確になって、自社にとって何が重要なのか、何を優先すべきか、が見えてくることも多いのです。

余談ですが、最近では、5社のコンサルタントとお会いになった社長もいらっしゃいました。色んなコンサルタントと話をして、得るものが多かった反面、誰にすべきか選定が難しく、かえって悩みが深くなったという話もありましたが・・・(あれっ?)。


では、今回はこのへんで。また次回お会いしましょう!

■関連情報

コンサルジェントが書籍で紹介されました!

『起業家を続々と輩出するリクルート式仕事術』
著者:荒井 裕之 出版社:ぱる出版(2005/12発行)

過去にコンサルタントに関するコラムを寄稿しています。よろしかったらこちらもご覧下さい。

「失敗しないコンサルタント利用の秘訣」@IT 情報マネジメント
「コンサルタント業を目指すには」All about Japan フリーランス


■バックナンバー 一覧に戻る
株式会社コンサルジェント/「経営堂」運営会社    代表取締役 樋笠 耕治
株式会社コンサルジェント 代表取締役 樋笠耕治
1966年大阪府生まれ。大阪外国語大学卒。株式会社リクルート、コンサルティング会社勤務を経て、有限会社コンサルジェントを設立(2004年に株式会社へ変更)。趣味は下町散策、アジア旅行。お勧めのコンサルタントは「一芸に秀でた変人?タイプ」。



メッセージ:「中小企業でも、大企業でも、コンサルタントを普通に活用できるような環境をつくっていく一助になればと思っています。聞くのもタダ、紹介もタダ、ですのでお気軽にどうぞ!無理な導入はお勧めできません。十分納得された上で、ご活用下さい」





尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved