経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

コンサルタント紹介します!
第32回 『コンサルタントを選ぶかんたんな基準』
株式会社コンサルジェント
代表取締役 樋笠 耕治
※『コンサルタント紹介業』という少し変わったビジネスの話を毎月1回 お届けしていきます

《今回のテーマ》  『コンサルタントを選ぶかんたんな基準』

当社でコンサルタントをご紹介するお客様から、ときどき、

「コンサルタントはどういう基準で選んだら良いのか?」

という質問を戴きます。

お客様やテーマによっても違ってくると思いますが、これだけは外せない、という必要条件があると、私は思っています。

今回は、基本に帰って、コンサルタントを選ぶ5つの基準についてかんたんに判断する方法をお話をしたいと思います。


■第1条件

【人として好感がもてるか?相性はあうか?】

当たり前すぎて「なにそれ?」と思われたかもしれませんね。すみません。しかし現実には、こういった理屈を超えた「好き嫌い、相性」が、最も基本的な基準になります。

好き、相性がいい、と感じるコンサルタントには、

・何でも腹を割って相談できる
・信頼している、それが相手に伝わる
・コミュニケーションがスムーズ
・余計な時間をかけずに素早く課題に取り組める

という好循環のサイクルに進んできます。これが逆に嫌いなら、どういう結果になるかは・・・言うまでもありませんね。

■第2条件

【びびっとひらめきがあるか?絵が見えてくるか?】

なんだか抽象的で、すみません。自分が求めているコンサルタントに出会うと、会話の中で、すでにどんどんヒントになるようなアイデアや事例がポンポンと出てくるものです。

こういったコミュニケーションの中で「なるほど!」と納得したり、「そうか!」と思い至ったり、「こうすれば良いのか!」と考えが整理されたりすることが非常に多い。

これが、自分にとって相性の良い、優秀なコンサルタントに出会ったときの感じです。
ビフォー・アフターでいう「アフターの絵」が鮮明に見えれば、素晴らしいですね。

1時間も会話していて、何のインスピレーションもヒントも得られないコンサルタントは、これを3時間、10時間と繰り返しても、ほぼ印象は変わらないと思います。

■第3条件

【目的に合った能力・経験・スキル・情報があるか?】

コンサルタントを雇ってみようという動機には、これを解決したいという明確な経営課題が必ずあります。その目的に対して、役に立つかどうか、を冷静に、突き詰めて考えてみることは非常に本質的で大事なことです。

社員を雇うのとは違い、必要な部分だけを買う、という発想がコンサルタントでは大いに有り得るのです。ただ注意として、この部分で間違えることは少ない、と思ったら、実はそうでもないのです。

専門家と思って契約したら、大したことなかった。
ノウハウを持っていると思ったが、実際には役に立たなかった。

こういう間違いというか「思い違い」が、意外と多いのです。昔のようにコンサルタントが「先生」と呼ばれていたような時代と違い、いまや企業経営に関する情報が溢れ、また素早く流布していますので、くれぐれも「能力・経験・スキル・情報」のレベルを十分に吟味してください。

■第4条件

【費用対効果(コストパフォーマンス)が高いか?】

当たり前の経済行為として、支払う金額と、得られる対価を、冷静に較べて下さい。
果たして「お買い得」なのか、「高い買い物」なのか。

世間相場はこうだから、他社はみなこうだから、という固定観念に惑わされないように、自社にとって費用に見合う価値があるかどうか、見極めてください。

残念ながらコンサルティング会社の中には、クライアントの事情や支払可能な予算には驚くほど無関心で、自社の利益にしか関心がない、というところもあります。

また注意が必要な点として、同じ費用なら時間が多いほうが得、と単純に「時間=費用」だけを尺度にすると、効率・パフォーマンスが悪くなる場合もあります。

時間は短くとも、的確で、仕事が早いところに頼んだほうが、会社にとってもプラスになることが多いと感じます。

■第5条件

【プロとして誠実かつ、責任感、貢献意欲が高いか?】

お金を貰ってサービスを提供して価値を提供するプロとして、誠実な姿勢をもっているか。しっかりと責任感があるか。役に立とうという貢献意欲があるか。ここを外せば、大変なことになります。

・ビジネスマナーが欠落している。
・期待通りの仕事をしない。
・約束を守らない。
・何かにつけてお金を要求する。
・クレーム(要望)に対して、勝手な言い訳する。
・プライドが高く、批判に対してキレる。
・責任転嫁する。
・逃げる。

やっかいなことに、こういったひどい資質のコンサルタントも実際にいるものです。

また、こういったひどいコンサルタントの中には“世間にはインチキなコンサルタントが多い。私は本物”と堂々と宣伝している人もいます(腰がくだけそうになりました)。

■まとめ

コンサルタントを選ぶかんたんな5つの基準。
これに点数をつけて、判断してみてはいかがでしょうか?

1.非常にそう思う=20点
2.多少はそう思う=10点
3.全くそう思えない=0点

ざっくり言って70点以上ならGo!50点以下なら見送りです。
できれば20点の項目が3つ以上欲しいところですね。

さて、この5つの条件には「ドボン」があります。
つまり、他の点数がいくら良くても、これが0点なら絶対にダメという条件が・・・。

賢明な読者のみなさんなら、もうお分かりですね?


今回はこのへんで。



■関連情報

コンサルジェントが書籍で紹介されました!

『起業家を続々と輩出するリクルート式仕事術』
著者:荒井 裕之 出版社:ぱる出版(2005/12発行)

過去にコンサルタントに関するコラムを寄稿しています。よろしかったらこちらもご覧下さい。

「失敗しないコンサルタント利用の秘訣」@IT 情報マネジメント
「コンサルタント業を目指すには」All about Japan フリーランス


■バックナンバー 一覧に戻る

株式会社コンサルジェント/「経営堂」運営会社    代表取締役 樋笠 耕治
株式会社コンサルジェント 代表取締役 樋笠耕治
1966年大阪府生まれ。大阪外国語大学卒。株式会社リクルート、コンサルティング会社勤務を経て、有限会社コンサルジェントを設立(2004年に株式会社へ変更)。趣味は下町散策、アジア旅行。お勧めのコンサルタントは「一芸に秀でた変人?タイプ」。



メッセージ:「中小企業でも、大企業でも、コンサルタントを普通に活用できるような環境をつくっていく一助になればと思っています。聞くのもタダ、紹介もタダ、ですのでお気軽にどうぞ!無理な導入はお勧めできません。十分納得された上で、ご活用下さい」





尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved