経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

コンサルタント紹介します!

第35回 『パートさんを雇える会社はコンサルタントも雇える』

株式会社コンサルジェント
代表取締役 樋笠 耕治
※『コンサルタント紹介業』という少し変わったビジネスの話を毎月1回 お届けしていきます

《今回のテーマ》  『パートさんを雇える会社はコンサルタントも雇える』

コンサルジェント代表の樋笠です。先日ある社長とお話する機会がありました。
その会社は10万社の中小企業向けにある商品のカタログ販売を行っている会社です。

たまたま弊社が運営する「経営堂」というサイトの話題になったのですが、社長いわく

「これってちょっと難しいすぎるかも・・・。そもそも中小企業の社長って、経営用語とかあんまり知らないんじゃないかな」

私はこれを聞いて、ハッとしました。

当社は中小企業を中心にコンサルタントの紹介を行っているのですが、知らず知らずのうちに難しい経営用語が多用されているのかも? と気づきました。社長とはいえ、自分の会社の商品や売り物には詳しいでしょうが、必ずしも、

○経営戦略
○マーケティング
○IPO・企業再生・M&A

といった言葉を日頃から使っているかと言えば、決してそうではないと思います。

ビジネス向けのサイトとはいえ、分かりやすい、イメージしやすい言葉を使ったり、難解なカタカナ用語は極力避けるほうがいいな、と改めて感じた次第です。


■コンサルタントを使うことは、特別なことではない

世間一般では、コンサルタントは、まだまだ大企業や立派な会社が使うものだという先入観があると思います。しかし現実には小さな会社がコンサルタントを使う例は非常に多いです。

当社の実際の例でも、5〜10万円あればぎりぎり最低限の顧問やアドバイザーを雇うことができますし、そういった小額での契約事例もあります。極論すれば、

「パートさんを雇える会社はコンサルタントも雇える」

と私は思っていますから、ほとんどの会社はたとえ規模が小さくともコンサルタントを導入できる可能性があると思いますね。

コンサルタントは、時給で換算すれば決して安くはありませんので、少ない予算で長時間拘束してワークをさせるのは無理でしょうが、

○発想を買う
○アイデアを買う
○判断(意思決定)を買う

ことには、長い時間は必要ありません。決まったやるべき作業があり「人手」が欲しい状態なら、まず社員・アルバイトなどの人件費を使って人手を買うでしょう。しかし、会社の経営では、

●月額15万円でパートさんを20日雇う

よりも

●月額10万円でコンサルタントを1日雇う

ほうが、ずっとその影響や費用対効果が大きいケースもあることを、少し頭の隅に置いていただければ・・・と思います。私がとくにお勧めなのは、

◎社長自身が方向性や経営判断に迷っている
◎斬新な方法や目新しいプランが社内では浮かばない
◎新規事業などでその分野の経験や知恵を短時間で買いたい
◎定期的に役員会などでチェックを受けたり率直な意見が欲しい
◎社員向けの人材育成を定期継続して行いたい

こういった場合でしょうか。

またコンサルタント側の事務所でミーティングを行ったり、テレビ電話会議を使ったり、コンサルタントの時間を極力使わない工夫をすれば、かなり生産性も上がるはずです。

コンサルタントの時間を最小限にうまく使えば、意外に安くコンサルタントを雇える道があることを、ぜひ覚えておいて下さい!

今回はこのへんで。また来月、お会いしましょう!

■関連情報

コンサルジェントが書籍で紹介されました!

『起業家を続々と輩出するリクルート式仕事術』
著者:荒井 裕之 出版社:ぱる出版(2005/12発行)

過去にコンサルタントに関するコラムを寄稿しています。よろしかったらこちらもご覧下さい。

「失敗しないコンサルタント利用の秘訣」@IT 情報マネジメント
「コンサルタント業を目指すには」All about Japan フリーランス


■バックナンバー 一覧に戻る

株式会社コンサルジェント/「経営堂」運営会社    代表取締役 樋笠 耕治
株式会社コンサルジェント 代表取締役 樋笠耕治
1966年大阪府生まれ。大阪外国語大学卒。株式会社リクルート、コンサルティング会社勤務を経て、有限会社コンサルジェントを設立(2004年に株式会社へ変更)。趣味は下町散策、アジア旅行。お勧めのコンサルタントは「一芸に秀でた変人?タイプ」。



メッセージ:「中小企業でも、大企業でも、コンサルタントを普通に活用できるような環境をつくっていく一助になればと思っています。聞くのもタダ、紹介もタダ、ですのでお気軽にどうぞ!無理な導入はお勧めできません。十分納得された上で、ご活用下さい」





尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved