経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

コンサルタント紹介します!
第69回 『コンサル人脈の活用法』
株式会社コンサルジェント
取締役 小林 幸央
※『コンサルタント紹介業』という少し変わったビジネスの話を毎月1回 お届けしていきます

《今回のテーマ》  『コンサル人脈の活用法』

こんにちは!エージェント事業責任者の小林です。

ここ2回では冒頭から「暑い暑い」と書いていましたが、ようやく涼しく(というか寒く)なってきましたね!
寝起きにシャキッとできるのはうれしいです(ここまで激変しなくてもいい気もしますが・・・)。

さて、今回はコンサルタントの人脈を活用する方法について書いてみます。

弊社のようなビジネスをやっていると、様々な会社から「自社の商品を売り込みたいので提携できないか?」というオファーを頂戴します。

つまり「コンサルタントに売って欲しい」という訳です。


■顧問だからお願いできる

しかしながら、現時的にはあまりうまくいかないというかコンサルタントが乗ってこないことが多いです。
依頼側は恐らく


   コンサルタントは意思決定者と仲が良い
    ↓
   意思決定者に直接商品案内ができる
    ↓
   成約率が上がる(営業効率が上がる)



という考えなのでしょう。

一方でコンサルタント側からすれば、自分でよくわかっていないものを大切なクライアントに紹介するのはかなりの抵抗があるのです。

金銭的なインセンティブが絡むことが多いですが、私の印象ではそれで動くケースは稀で、それよりも信用が重要。逆に自分がよくわかっていてものであれば積極的に協力してくれる可能性もあるということになります。

つまり、自社の顧問をお願いしているコンサルタントの人脈はフルに活用すべきなのです。


■コンサルティングは中長期向き

当社では様々な内容のお問い合わせをいただくのですが、その大半は急を要するものになります。
例えば

  ・新商品を早く認知させたい
  ・営業を強化して売上を上げたい
  ・製品コストを下げたい
  ・銀行から資金を調達したい

等々、挙げはじめるとキリがなくなりますが、このような課題について外部の支援を借りる訳ですから、一日も早い解決を求めます。

一方、コンサルタントとしては

  「成果をコミットすることはできない」
  「短期間で改善するのは難しい」

というのが本音としてありますので、ここに明らかな”ギャップ”が存在することになります。
私は中立的な立場で話を聞きますので、どちらの言い分もなんとなくわかります。

冷静に考えればいくらコンサルタントと言っても所詮はひとりの人間ですので、極短期で成果を出せるかといえば、可能性はゼロではないにせよ、そう多くはないでしょう(自前でやるよりは早くなるとは思いますが)。

そんなギャップを埋めるのが人脈活用なのです。


■紹介を頼んでみる

コンサルタントの支援内容を頭では理解できるが、短期的な成果も欲しい、という場合「紹介」を頼んでみましょう。

営業なら見込み客、マーケティングなら媒体、コストダウンなら協力業者等です。

コンサルタントもいろいろな企業とお付き合いがありますし、その領域についてはかなり深く関与しているようなケースも少なくありません。

顧問先同士なら何が売りでどう役に立つのか、両側からわかりますし、しかも相手は意思決定者。
商談がまとまらなくても、何らかのプラスの情報が得られるのは間違いでしょう。


■大切なのは「おまけ」と思うこと

ただし、紹介ばかりを当てにするのはご法度。
あくまで紹介はコンサルティングによる中長期的な改善がなされるまでの代打に過ぎません。

そして忘れがちなのが「信用」です。
信用できる会社だからこそ、紹介をしようという気になるのです。

紹介は売上増、コストダウン等の直接的な効果が期待できてしまうため、病みつきになりがちです。
本来の内容をそっちのけにして紹介ばかり頼んでしまうと、信用をどんどん失っていきます。

あくまで「おまけ」という意識でお願いするよう。


それではまた来月にお会いしましょう!


■関連情報

コンサルジェントが書籍で紹介されました!

『起業家を続々と輩出するリクルート式仕事術』
著者:荒井 裕之 出版社:ぱる出版(2005/12発行)

過去にコンサルタントに関するコラムを寄稿しています。よろしかったらこちらもご覧下さい。

「失敗しないコンサルタント利用の秘訣」@IT 情報マネジメント
「コンサルタント業を目指すには」All about Japan フリーランス


■バックナンバー 一覧に戻る

株式会社コンサルジェント/「経営堂」運営会社 取締役 小林 幸央
株式会社コンサルジェント 取締役 小林幸央
1973年千葉県生まれ。学習院大学卒。人材派遣会社、コンサルティング会社を経て、コンサルジェントに勤務。趣味はサーフィン(初心者)、サッカー観戦。特技は内装工事。性格は、「無駄なことが大きらい。最短距離が大好き」



メッセージ:「世の中には皆さんが知らない様々な知的財産がゴロゴロあります。コンサルティングというと何やら重々しい響きがありますが、社内にないノウハウは外から持ってくるのが一番効率的です。コンサルティングの活用法も含めてご相談ください!」





尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved