経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

コンサルタント紹介します!
第76回 『コンサルタントの類似実績』
株式会社コンサルジェント
代表取締役 小林 幸央
※『コンサルタント紹介業』という少し変わったビジネスの話を毎月1回 お届けしていきます

《今回のテーマ》  『コンサルタントの類似実績』

こんにちは!代表のこばやしです。

スーパークールビズ、すごいことになっていますね(笑)
アロハじゃなくて無地の半袖シャツで良い気がしますが・・・。

そういう私も今年はスーツ以外の服装にチャレンジしています!
スーツが嫌いではないのですが、やっぱりカジュアルな服装の方が楽ですね。

さて、今回はコンサルタントの類似実績について書いてみます。

私のメインの仕事は「コンサルタントの選定&紹介」業務ですが、お問い合わせいただいたお客様に必ずといって良いほど聞かれるのが「その人の類似実績はどうなの?」という質問です。

聞かれなかったことが皆無ではないのですが、新規のお客様の場合はほぼ100%が聞いてきます。

では、実績で何がわかるのでしょうか?


■コンサルタント側の主張

まずコンサルタント側の主張ですが、代表的な言い分としては「突き詰めれば経営は同じだから類似実績がなくても通用する」というものがあります。

これも正論かもしれません。

しかしながら、全ての経営者が物事を突き詰めて考えている訳ではありませんし、むしろそういうった経営をしている会社はかなりの少数派だと思います。

そしてコンサルタントに依頼をする企業は「早急に課題を解決したい」と考えていることが多いです。

となると先の正論はあまり意味がなく、依頼側としては類似実績有無が大きな判断材料になります。


■類似実績を尋ねる動機

普通に考えれば素人に高いお金を払って支援をお願いする訳にはいかないので、類似実績を聞くのは当たり前です。

が、動機は大きく分けて2つのタイプがあると思っています。

1.正解(うまくいく方法)を知っているかの確認
2.成功体験の確認


ちょっとわかりづらいので違いを説明します。

1の理由で尋ねるお客様は「コンサルタントからノウハウを教えてもらう」、つまり答えをもらうことが狙いですが、2は場合はあくまで経験値の確認です。

この2つの違いは、「前者が上下、後者が並列」というイメージを持ってもらうとわかりやすいかもしれません。


■ノウハウを買うか、経験を買うか

コンサルタントの実績はあくまで「過去」の出来事で、その実績を出した方法はその瞬間に最新ではなくなります。

右肩上がりの時代と異なり、競争も変化も激しい今日では、過去の成功法がそのまま通用することは稀でしょう。

通用する場合というのは、その領域について何の手も打ってこなかった会社が、初めて外部の知恵を借りる時だけです。

経験を積んだ分野で更なる成長・改善を目指すのであれば、ノウハウではなく経験を買うという感覚で依頼するとうまくいくことが多いと思います。


■類似実績は「勘所があるかの確認」

長くなってきたのでこのへんでまとめに入ります。
個人的には

・類似実績の有無は重要な判断材料
・類似実績=正解と考えず、参考情報に留める
・コンサルタントと一緒に新しい正解を作っていく


という考え方を持って、選択・活用することで成果が出やすくなると思います。


ではまた来月にお会いしましょう!



■関連情報

コンサルジェントが書籍で紹介されました!

『起業家を続々と輩出するリクルート式仕事術』
著者:荒井 裕之 出版社:ぱる出版(2005/12発行)

過去にコンサルタントに関するコラムを寄稿しています。よろしかったらこちらもご覧下さい。

「失敗しないコンサルタント利用の秘訣」@IT 情報マネジメント
「コンサルタント業を目指すには」All about Japan フリーランス


■バックナンバー 一覧に戻る

株式会社コンサルジェント/「経営堂」運営会社 代表取締役 小林 幸央
株式会社コンサルジェント 代表 小林幸央
1973年千葉県生まれ。学習院大学卒。人材派遣会社、コンサルティング会社を経て、コンサルジェントに勤務。趣味はサーフィン(初心者)、サッカー観戦。特技は内装工事。性格は、「無駄なことが大きらい。最短距離が大好き」



メッセージ:「世の中には皆さんが知らない様々な知的財産がゴロゴロあります。コンサルティングというと何やら重々しい響きがありますが、社内にないノウハウは外から持ってくるのが一番効率的です。コンサルティングの活用法も含めてご相談ください!」





尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved