経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

経営を変えるマネジメントコーチ入門
第1回 「経営には実証済みの手順を使う」

株式会社すごい会議  大橋 禅太郎

日々会社を経営していく上で、数々の困難に出会う。そういったときに、実証済みの手順で解決することを検討してみてはいかがだろうか?

遅刻常習者に遅刻をしないようにする手順を例にとってみよう。

社員が遅刻してくると上司は「なにやっていたんだ?」「なぜいつもいくれる?」といったことを「復讐」の感情を込めて伝えることが一般的に行われている。人間されたくないこと(遅刻)をされると、相手に復讐(説教口調)したくなるのは「普通のやり方」である。

では「すごいやり方」はどうするか?

以下の条件を満たした言葉が一番効く:
その人自身でなく、その人のとった具体的な行動に対してだけ指摘する。
「されたくないことを(遅刻)」をされてから間もなく、できればその瞬間に指摘する。
相手に自分の行動を変えるかどうかの選択肢がある。
復讐(説教)をしていない。
すぐさま別の話しにうつる。(相手の言い分を聞いたり、“次からどうしろ”などの指示をしない)
具体的には、「あなたが〜をしたことで私は○○と感じた」と相手に伝えて、その話しを終わりにする。人は誰かに「されたくないこと」をされると、それを行った相手に復讐する。怒りの口調や説教という形で人格も含めて相手自身を攻撃する。攻撃された側はそれによって十分ダメージを受けたと感じ、自分が行った行為をご破算にする。もちろん、その後の行動は、かわらない。

この手順を進める上で重要なのは、「型どおり」に行うことである。

例えば「おまえいつもそうなんだけどさ」と付けると、具体的でなくなり、また復讐が感じられる。またこれを言った後に、説教をしたり、相手の言い分を聞くと「どちらが正しいか」の議論になり、次からの行動はかわらない。

こういった手順は、
経営者が立てた目標に共感を持たせる手順
経営幹部がトップの意志を実現するための戦略をおのおのの役割範囲の中で持つ手順
問題を解決する手順
会議のやる気を上げる手順
望ましくない言動や振る舞いを止めさせる手順
を始め、情況に応じ50以上の手順が用意されており、それを組み合わせて使うことによってさらなる成果を生み出す。

これらの手順は米国で開発され、日本でも2001年より三菱重工、リクルート、ニッセン、プライスウォーターハウス、キャノン販売、電通国際情報サービスといった企業に採用され実績を上げている。

半期が終わった時点で通期利益目標三億円が難しかった会社が、この手法を導入し、結果通期で五億円の利益を上げているといった実績が次々と出ている。


■バックナンバー


第1回 「経営には実証済みの手順を使う」

第2回 「ビジネスの楽しさを思い出しました」
第3回 「問題解決」
■大橋 禅太郎/株式会社すごい会議 代表取締役
http://www.managementcoach.com/
1999年に当時僕がシリコンバレーで起業していたガズーバというベンチャーで、マネージメントコーチのサービスを受け、チームに、そしてなによりも自分自身の中でブレークスルーが起きました。2001年、今度は僕がコーチになることにしました。根っからのビジネス好きで、小学校5年生の時には、同級生に株券を発行していました。日本や、米国でビジネスをスタートし、マネージメントコーチの一つ前が、ガズーバ(2002年コラボラシスに売却)というシリコンバレーのインターネットベンチャーでした。ビジネスをスタートしていく中でのいろいろな喜び、苦悩、発見、おちこみ、青空、台風を経験していく中で、マネージメントコーチに出会いました。当時10数名で、才能とエネルギーに満ちた集団でしたが、マネジメントとしては空回りしていた僕達が、一つの方向に向けて、数々のチャレンジをぶちのめしながら進んでいけるようになったのです。結果会社は約半年で60人を超える組織となり、1000万ドルを超える出資を受けることが出来ました。2000年の秋に、日本で講演をさせていただく機会があり、シリコンバレーのベンチャーの中で面白いと思われる、マネージメント・コーチの話をすると、経営者の方々から「あなたがやってみれば?」というコメントをいただきました。それがきっかけとなり2001年1月から日本でパイロットプログラムを始め、リクルート、プライスウォーターハウス、ネットイヤーといったお客様から、当時日本でほとんど実績の無かったサービスにご理解をいただき、サービスを開始することができました。
尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved