経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

連載コラム
連載コラム『ファミリービジネス成功の法則〜200年企業をめざせ〜』武井一喜/WellSpring
シリーズ:ファミリービジネス成功の法則 ファミリービジネス成功の法則

第6回 『ファミリー共有の夢』


「社長の夢は何ですか?」と尋ねると、いつも
「夢なんかどうでもいい。会社が儲かることが先決だ。」と答える社長がいた。

夢を語ることに照れくさい思いがあることは理解できる。ましてや経営が苦しいときに、夢などに現(うつつ)を抜かすより、早く利益を上げろと言いたくなる気持ちは身に染みてわかる。

しかし、この社長のまわりの幹部も親族も、社長がどうしたいのか、何を望んでいるのかがよくわからない。

幹部社員が利益を上げるための思い切った方策を提案すると、社長はわが社のプライドにかかわるとか、業界から白い目で見られる、などとよくわからない理由で却下する。

儲かるなら何でもいいと信じていた幹部社員は、どうやらそうでもないらしい、と学習する。

社長は何を目指しているのか?
この答えがわからず、フラストレーションが高まることになる。

この社長にじっくり話を聞いていくと、彼なりに大きな夢を持っていることがわかる。
どんな社長も夢を持っていないはずが無い。それが無ければとっくに社長の座を退いていたはずだ。

ただ漠然としたイメージを、的確に表現する言葉を持っていないだけなのだ。
ファミリーが夢を共有すること、これがファミリービジネスの原動力になるのだ。

第1回でお話した、私が所属するアメリカのFFI(Family firm Institute)は、ファミリービジネスへのアドバイスにかかわるプロフェッショナル1500名が世界各国から集まる、1986年に発足した組織だ。

そこに集まるのは、経営系、組織論系、心理学系の大学教授、ファミリーの資産運用などを行う銀行家や保険業者、相続の相談にのる弁護士や会計士、ファミリーの力学を扱うセラピストなどだ。

FFIでは、ファミリーとビジネスの両方の課題を扱うためのコンサルティング手法を開発してきている。それを学ぶためのトレーニングプログラムを提供し、修了者は「FFI認定ファミリービジネス・アドバイザー」として登録される。

トレーニングプログラムでは、互いに口もきこうとしない親子や兄弟を、どのように話し合いの場に参加させるか、といった実践的なテーマから、ファミリーとビジネスの理論的な背景、また、アドバイザーとして守るべき倫理なども学ぶ。

ファミリービジネス・アドバイザーは、自分自身の専門分野をバックグランドに持ちながら、必要に応じて別の分野の専門家とチームを組む、という形で総合的にクライアントをサポートする。

このようにお話しすると、何かの決まった“成功する形”があるかのように思われるかもしれないが、ファミリービジネス・アドバイザーは決まった形を押し付けることはしない。

むしろ世代を超えてファミリーが伝え、育んでいる、ファミリービジネスの原動力である「ファミリーが共有する夢」を重視し、その夢の実現をサポートすることを大切にしている。

たとえば、日本では会社の株はたとえ親族でも分散させず、事業を継ぐ者に集約させる、ということがコンサルタントの常識のようになっているが、一族全体の繁栄という夢をもつファミリーにはそれを押し付けるべきではなく、ファミリー全員が株主として会社を支え、ともに繁栄するための仕組みづくりをアドバイスする。

FFIに集まる人たちは、普段は互いに同業者であり、競争相手としてしのぎを削るライバル同士だが、この場では互いの知見を交換し学びあい、ファミリービジネスの繁栄と永続性を高め、「三代で潰れる」ということわざを打破しようという意欲にあふれている。

私も会合に参加し、このような人たちと接するたびに、この新しい分野を発展させるぞ!という決意を新たにしている。いわば、ことわざの打破が、ファミリービジネス・アドバイザーが共有する夢なのだ。

私事だが、私も一昨年からこのトレーニングプログラムに参加しており、ちょうどこの原稿を書いているときに、事務局から「すべての要件を終了したので、貴方の認定が決まりました。」とのメールが届いた。

日本人で初めての認定者になった。

プログラムの一部に、さまざまな事例に関してアドバイザーとしてどう対処するかを担当の指導官にレポートし、フィードバックを受ける、というものがある。

ある事例で担当官から、「貴方の対処は合理的なものであることは理解できる。
しかし、クライアントのファミリーの夢をどのように尊重したのか?」と指摘された。

このフィードバックは私にとって強烈だった。

いかに有利な節税策でも、いかに効果的な株式保全策であっても、また、それらが他社で成功した方策であってもファミリーの夢に逆行したものであれば、それをアドバイスすることは罪悪である。

ファミリービジネス・アドバイザーにとって、クライアントのファミリーの夢を知ること、それをファミリーメンバーで共有するためのサポートは最も重要な課題だ。

ある学者は、成功するファミリービジネスと失敗したファミリービジネスの違いを調べ、次のように述べている。

兄弟間のいさかいや親子の葛藤は、どのビジネスファミリーにもあるものだ。成功するファミリーと、失敗するファミリーの違いは、そのような問題に際して、互いに率直に話し合い、相手の考えをよく聞き、時には妥協し、より大きな夢のために互いに問題を解決するという能力が備わっているかどうかだ。

成功するファミリーは、このような能力を育むための努力をしており、次の世代にそれを引き継がせるための仕組みを持っている。

「ファミリーの夢の共有」は、この能力を高め、世代を超えて伝えていくファミリービジネスのエネルギー源である。

あなたのファミリービジネスは、どんな夢を描いているだろうか。


■法則その6■
ファミリービジネスのエネルギーの源は、「ファミリーの共通の夢」である。



今回をもって、連載を終了いたします。
お読みいただき、ありがとうございました。



  ■バックナンバー

第1回 「同族企業は3代で潰れるのか?」
第2回 「ファミリービジネスは強いのだ」
第3回 「“オヤジとの対決と解決法”〜オヤジと息子の意見は合わない〜」
第4回 「ファミリービジネス成功のための仕組み―その1:ファミリー会議」
第5回 「ファミリービジネス成功のための仕組み―その2:家訓を作る」
第6回 「ファミリー共有の夢」
■武井 一喜/WellSpring 代表   http://www.wellspring.co.jp/
武井 一喜/WellSpring 代表
「日本に数少ない、ファミリービジネス専門コンサルタントです」
1956年、名古屋に生まれる。慶應義塾大学経済学部卒業。コロ ンビア大学ビジネススクール経営学修士(MBA)。NLP研究所認定マスタープラクティショナー、トレーナートレーニング修了。 世界青年会議所認定トレーナー。キャラクター商品メーカーを経て、家業の寝具製造卸会社に勤務。新規事業プロジェクト「ワンズオウ ン」の立上げ4代目社長。その後IT関連の起業に参加。2003年、WellSpring設立。二世経営者の事業継承サポートを中心にコ ンサルティング、研修、講演、コーチング、執筆活動を行っている。著書:「NLPでリーダー脳力をグングン高める法!」





尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved