経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

連載コラム
連載コラム『明日から使える新規事業講座』鈴木進介/株式会社コンパス
シリーズ:明日から使える新規事業講座 明日から使える新規事業講座

第5回 『損益計画は難しく考えなくてもいい!』


新規事業開発において事業計画を作成する際に、「財務」計画の部分で頭を悩ます方が多くいらっしゃいます。

しかし、難しく考えなくてもポイントだけを押さえておけば、意外にも財務計画は簡単なものです。
そこで、今回は戦略立案の際に覚えておくと役に立つ方法をご紹介したいと思います。


1.目に見えるものを優先しましょう!
 


本屋に行って、財務に関する書籍を見ると専門用語ばかりで気が滅入ってしまいますよね。

しかし、その多くは財務“分析”に関するもので、事業計画に必要な損益計画などを“組み立て”ていく手法を解説した平易な本はあまり見かけないのが現状です。

そこで、私は簡単に損益計画を組み立てていく手法として“目に見えるもの”を優先しましょう!といつも説きます。

目に見えるものとはなんでしょうか?

それは、出費の部分で、しかも特に固定費の部分を指します。
人件費や事務所、店舗の家賃などは最も明確にしやすい出費ですよね。

また例えば食材や部材の仕入れなど変動費に関しても、単価の相場を調べれば比較的明確にしやすいことからも、まずは出費(コスト)を優先的に、明確にすることが損益計画の作成の第一歩目となるわけです。

2.ポイントはコストの項目を細分化すること!
 
問題は、どのようなコストが発生するのか机上の段階では分かりにくいというものがあります。

しかし、ここは徹底的に細分化して検討してみてください。
固定費と変動費というアバウトな分け方だけでは事業計画を裏付けるだけの説得力を持ちえません。

例えば部材の仕入れであれば、どんな品目がそれぞれいくらくらいの単価なのか、そして人件費であれば、能力や年齢によって異なる給与相場がいくらで、何人分のコストが発生するかなど、相当細かい調査と試算が必要になります。

3.売上をどう試算するか!?

 
さて、コスト構造が把握できたところで、今度は売上のシミュレーションを始めます。

問題は、まだ立ち上げてもない事業の売上を予測することですよね。
多くの方が机上の空論に違和感を感じながら、記述する部分でもあります。

そこで、私はまず「客単価×客数」の公式を徹底してもらいます。
難しい数式を用いる方も多いのですが、やはりこの公式が基本中の基本となります。

さて、それでは客数をどう見るのかという部分の問題がありますよね。
これは、

「類似業態や競合企業の実績を参考にする」、
「市場規模×シェアより仮説を立てる」、
「前提条件なしに目標設定する」

という3つの手法から、自社のスタンスと状況にあった数を“仮説”で作成します。

見えない市場で客数を予測することなど困難ですから、仮説を立てて、実際にはシミュレーションしていくことになります。


4.初年度だけ詳細に、3年後はスケール感を!

 
さて、最後になりますが、どこまで財務のシミュレーションは詳細に行うべきかという質問も私はよく受けます。一言で言えば、初年度だけは予測が立てやすい期間のため、できるだけ詳細に記述してください。

3年後に関しては、特にIT系やサービス業など市場環境の変化が早い業態の場合は、発展した場合のスケール感がイメージできるように作成すれば私はOKだと思います。

「初年度だけ詳細に、3年後はスケール感を!」というのが、私の基本スタンスでもあります。

色々と書きましたが、財務の計画は、難しく考えずに出来ることから始めるというのが一番のコツとなります。


  ■バックナンバー

第1回 「事業企画のための3つのレンズ」

第2回 「事業計画はビジネスモデルが鍵を握る」
第3回 「市場調査にお金をかけるな!」
第4回 「戦略はシンプルに考えよう!」
第5回 「損益計画は難しく考えなくてもいい!」
第6回 「新規事業の成功の秘訣は組織運営にあり!」
■鈴木 進介/株式会社コンパス 代表取締役   http://www.compas.co.jp
鈴木 進介/株式会社コンパス 代表取締役
「新規事業に特化したコンサルティング事業はお任せください」
1974年生まれ。富士通グループにてコンピュータの営業、商社で半導体の法人営業職を経て、2000年に(有)エフティーシーを設立。パソコン教室の経営、インストラクターの派遣事業を中心に展開。パソコン教室は半年以内に生徒数が100名を突破し、地域一番店に。同時に起業家交流会を組織化し、数多くの新規事業の支援に携わる。2001年にコンピュータ関連事業を売却し、業容を新規事業に特化した経営コンサルティング業に業態転換。2005年、(株)コンパスを設立。現在は新規事業プロデューサーとして数多くの新規事業の創出や起業家型人材の育成に携わる。





尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved