経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
blank●組織・人事制度
blank●人材採用・教育研修
blank●マーケティング
blank●営業・接客販売
blank●生産・技術・物流
blank●IT・情報システム
blank●財務・会計・資金調達
blank●総務・法務・知的財産
blank●事業計画書作成
blank●大企業コンサルティング
blank●中小企業の経営顧問
blank●創業・小規模企業
blank●新規事業・社内ベンチャー
blank●講演・セミナー講師
blank●企業再生・IPO・M&A
blank●ISO・Pマーク・内部統制
blank●海外ビジネス・国際取引
blank●小売業・流通・サービス
blank●飲食店・フードビジネス
blank●住宅・建設・不動産業
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2019
中村天風「成功手帳」2019年版!!天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

2010年12月24日
Alpha Marketing Corporation  新井 一聡
マーケティング小咄 (49)
曖昧による、曖昧な損失
コンサルタント写真
カテゴリー:中小企業の経営顧問   


曖昧指示による迷走
コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントをお届けする
『マーケティング小咄』。今回のテーマはコミュニケーション。


中堅医療機器メーカーの営業部長、制作会社から上がってきた新しいカタログの
デザイン案を見てご立腹。


曰く、製品のリニューアルに際し、斬新なアイデアを提案するよう依頼したのに
従来のカタログと殆ど変わらないデザインであると。


制作会社による依頼内容確認書を見ると、「デザインは従来カタログのテイストを踏襲し
製品のリニューアルポイントを前面に打ち出したコピーを添える」とあります。


上がってきたデザイン案を見ると、確かに表紙周りのデザインテイストや中面の構成は
従来のものを踏襲しながら、的確かつ力強いコピーが添えられています。


ご指示通りではないですかと問うと、「インパクトのある斬新なものを依頼したのに
これではどこが変わったのか分からない」と。


典型的な曖昧指示による弊害が出ています。


求めるものはインパクトのあるコピーなのか、デザインなのか。そもそも
インパクトがあるとか斬新なという基準は人それぞれであり客観的ではありません。


それに、現行デザインの踏襲というのも、揃えるべきは色調なのかレイアウトなのか
或いはそれ以外の要素なのか。


これらの基準を明確にして再依頼することで解決しましたが、放っておいたら
ムダなやり取りは何度も繰り返されたことでしょう。


発注側にとっても受注側にとっても、時間とコストの大幅な損失です。
曖昧さが原因の、目に見える数字として表れない『曖昧な損失』です。

基本は5W1H
サイトリニューアルの打ち合わせでも同じ様な事態がありました。
制作会社を招いてのオリエンテーション。


現在のサイトが陳腐化したので、斬新なものを作成して欲しい。
当社の製品は・・・と商品のプレゼンテーション、はじまり、はじまり。


ポイントはそこではありません。


誰を対象とし、何を目的としたどのようなサイトを、いつまでに制作したいのか。
ご予算は、要素は、イメージは?


全くご存念無かったようで、その日は、オリエンテーションに当たって必要な事項の
レクチャーに早変わり。基本は5W1H、ご説明には及びますまい。


これだけでも充分損失ではありますが、見方を変えれば
損失を最小限度に食い止めたともいえるでしょう。


また、こんなケースもありました。


クライアントに有効と思われるデータ処理に関するサービスを紹介し、導入の運びに。
事業者に連絡したところ、私を介することを条件に半額でサービス提供するとのこと。


曰く、データ処理サービスでありながら、実際の業務における内訳は、顧客企業との
コミュニケーションが大半。何をしたいのか、目的を引き出すだけでも一苦労。


その為、サービス内容を理解しているコンサルタントが通訳機能を果たすことで
ヒューマンタスクが激減するとのこと。納得です。


今日の一言: 曖昧が生む損失も、また曖昧



このコンサルタントのコラム一覧
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)

同じカテゴリのコラム一覧
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
rWlXXLNAbv!! `p byTJqN E拌鶻/賃金制度の笹Eスターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved