経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
blank●組織・人事制度
blank●人材採用・教育研修
blank●マーケティング
blank●営業・接客販売
blank●生産・技術・物流
blank●IT・情報システム
blank●財務・会計・資金調達
blank●総務・法務・知的財産
blank●事業計画書作成
blank●大企業コンサルティング
blank●中小企業の経営顧問
blank●創業・小規模企業
blank●新規事業・社内ベンチャー
blank●講演・セミナー講師
blank●企業再生・IPO・M&A
blank●ISO・Pマーク・内部統制
blank●海外ビジネス・国際取引
blank●小売業・流通・サービス
blank●飲食店・フードビジネス
blank●住宅・建設・不動産業
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2019
中村天風「成功手帳」2019年版!!天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

2012年10月03日
Alpha Marketing Corporation  新井 一聡
マーケティング小咄 (153)
制約を外して考える
コンサルタント写真
カテゴリー:マーケティング   


思考の制限は禁物
コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントをお届けする
『マーケティング小咄』。テーマは、事業戦略。


時間や文字数など、一定の制約の下で表現する必要がある場合、思考自体が
制約されてしまい、本来訴えるべき内容が伝わらないということがよくあります。


例えば、1000文字以内で自社製品を紹介する必要がある場合
少ないと考える方もあれば、多いと感じる方もいるでしょう。


前者の場合、文字数を意識するあまり説明が不十分になったり
最後が尻すぼみで結論が曖昧になったりします。


後者の場合、何とか文字数を稼ごうと余計な修飾語や重複表現が増え
結局何を言いたいのかよく分からない文章になります。


では、そうならないためには、どのようにすべきなのでしょうか。
何れの場合にも必要なことは、予め制約を設けずに考えることです。


文章であれば、先ず本来伝えるべき内容を、漏れの無いように作成します。
結果が文字数制限を超えても全く問題ありません。


文章が苦手であれば、箇条書きでも構いません。
とにかく伝え漏れの無いよう、必要項目をリストアップして行きます。


次に各項目を吟味し、詳しく説明すべきもの、簡素化しても外せないもの
制約に応じて記述しなくても良いものに分類し、全体の構成を考えます。


その上で、文字数の制約や全体の起承転結を考慮しながら
個々の要素を増減して、よりポイントを明確化した文章に仕上げて行きます。


最初に長い文章を作成し、無駄を削ぎ落として磨き上げるイメージです。
その結果、要点を過不足無く網羅した、読み手に伝わり易い文章となります。

事業戦略においても制約は禁物
新規事業であれ、既存事業であれ、事業戦略を構築する際にも
同様に、最初の段階で制約を設けることは禁物です。


例えば新規事業を企画する場合、予め人員や企業規模、販売チャネルなど
既存の状況の枠で考えていては、実現性のある計画は期待できません。


あくまでも事業を成功させるための要件をリストアップすることが重要です。
先ず、制約を設けることなく列挙しなければなりません。


次に、個々の要件で必須のもの、縮小可能なもの、不要のものを分類します。
その上で、自社の状況に照らし合わせて考えて行きます。


この段階でも、現状を前提に思考を制約してはいけません。
状況を変えたり、置き換えしたりできないかという可能性を検討すべきです。


人員が不足であれば新規採用を、資金が不足であれば調達方法を。
自社だけで実現できなければ業務提携や合弁による事業化はできないか。


このように、あらゆる可能性を、制約を設けることなく徹底的に追求します。
計画を実現するための方策こそが戦略です。


最初の段階で制約を加えてしまえば、その後の思考の拡がりはあり得ません。
それこそ帳尻合わせに終始した、実現性の乏しい没企画に終わることでしょう。


制約を外して発想し、制約を克服する戦略を構築することこそ重要です。


今日の一言: 制約を 外して考え 絞り込め



このコンサルタントのコラム一覧
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)

同じカテゴリのコラム一覧
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
rWlXXLNAbv!! `p byTJqN E拌鶻/賃金制度の笹Eスターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved