経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
blank●組織・人事制度
blank●人材採用・教育研修
blank●マーケティング
blank●営業・接客販売
blank●生産・技術・物流
blank●IT・情報システム
blank●財務・会計・資金調達
blank●総務・法務・知的財産
blank●事業計画書作成
blank●大企業コンサルティング
blank●中小企業の経営顧問
blank●創業・小規模企業
blank●新規事業・社内ベンチャー
blank●講演・セミナー講師
blank●企業再生・IPO・M&A
blank●ISO・Pマーク・内部統制
blank●海外ビジネス・国際取引
blank●小売業・流通・サービス
blank●飲食店・フードビジネス
blank●住宅・建設・不動産業
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2019
中村天風「成功手帳」2019年版!!天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

2013年05月09日
Alpha Marketing Corporation  新井 一聡
マーケティング小咄 (183) 

2つの目的
コンサルタント写真
カテゴリー:事業計画書作成   


事業目的
コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントをお届けする

『マーケティング小咄』。今回のテーマは、事業計画。



連休も明け、いざ新規事業のスタートという企業も多いのではないでしょうか。

気温も上がって衣替えの時期でもあり、物事の始まりには相応しい季節です。



休日返上で構想を練り上げたり、リフレッシュしながらアイデアが湧いたりと

例年、新規事業に関するご相談が増える時期でもあります。



新製品のアイデアができたので事業化したい。

画期的なビジネスモデルがあるので事業計画としてまとめたい。



そのようなご相談を戴き、お話を伺うと、製品やアイデアの素晴らしさについては

滔々と語られるのですが、何が目的なのかが不明確ということが間々あります。



まず必要なことは、製品やアイデアを事業化することによってどのような

価値が生まれ、市場や消費者にとって得られるメリットは何なのか。



或いは、対外的な価値ばかりでなく、自社の既存事業にとってプラスとなる

というようなケースもあるでしょう。



事業の目的を明確化するためには、市場にこういうニーズがある

または自社にこういう事業があるというような前提が必要です。



これら前提があっての事業目的なのです。

こうした前提が無ければ目的が明確化せず、計画の立てようもないのです。

事業計画書の目的
しかしながら、話はここで終わりません。今までは、事業自体の目的であって

次に明確化しなければならないのは、事業計画書の目的です。



自社の新規事業として、社員に行動させる為の実行計画作りなのか。

外部に事業パートナーを募ることが目的なのか。



或いは資金調達が目的なのか。その場合、銀行などの金融機関からの

融資なのか、ファンド等からの出資なのか。



ここにおいては、事業実現のためにパートナーが必要だったり

準備のための資金が必要だったりということが前提になります。



自社の実行計画であれば、具体的なアクションプランが重要です。

事業パートナーの獲得であれば、市場ニーズや提携メリットが重視されます。



一方、資金調達が目的であれば、事業収益性と計画の実現性に

最も重きを置く必要があるでしょう。



核となるコンセプトや事業計画は変わらずとも、目的や対象に応じて

強調すべきポイントが異なりますし、書式も違ったものとなります。



折角の優れた事業アイデアも、相手に意図が伝わらなければ

目的を達せられず、計画は水泡に帰します。



事業目的は、市場に価値を提供できるものでなければ無意味であり

事業計画書は、プレゼン目的に沿ったものでなければ意味がありません。



何れの場合も根底に在るものは、常に相手への配慮に他なりません。





今日の一言: 目的が 無くば計画 意味成さず




このコンサルタントのコラム一覧
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)

同じカテゴリのコラム一覧
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
rWlXXLNAbv!! `p byTJqN E拌鶻/賃金制度の笹Eスターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved