経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
blank●組織・人事制度
blank●人材採用・教育研修
blank●マーケティング
blank●営業・接客販売
blank●生産・技術・物流
blank●IT・情報システム
blank●財務・会計・資金調達
blank●総務・法務・知的財産
blank●事業計画書作成
blank●大企業コンサルティング
blank●中小企業の経営顧問
blank●創業・小規模企業
blank●新規事業・社内ベンチャー
blank●講演・セミナー講師
blank●企業再生・IPO・M&A
blank●ISO・Pマーク・内部統制
blank●海外ビジネス・国際取引
blank●小売業・流通・サービス
blank●飲食店・フードビジネス
blank●住宅・建設・不動産業
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2019
中村天風「成功手帳」2019年版!!天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

2013年08月19日
Alpha Marketing Corporation  新井 一聡
マーケティング小咄 (188) 

情報の高度化
コンサルタント写真
カテゴリー:マーケティング   


情報は、量より質というけれど・・・
コンサルティングの現場や身近なトピックスからマーケティングのヒントを

お届けする『マーケティング小咄』。今回のテーマは、情報管理。



情報は、量が多ければよいというものではありません。

重要なことは、信頼性と質であることは申すに及ばぬことでしょう。



無駄な情報が増えれば、それを排除する手間が膨らみ

誤った情報がもたらされれば、判断を誤りかねません。



効率よく情報収集するためには、質の高い情報源の確保が不可欠です。

経営判断に必要な投資と考えれば、出費を惜しむべきではないでしょう。



同時に、自ら情報価値を判断する基準を持ち

取捨選択できるだけの見識を持たなければなりません。



他人任せでは良質な情報は得られませんし、そもそも情報の価値を

理解できないのですから、如何に有益な情報も素通りして行くばかりです。

情報には、常に発信者の意図がある
正確な情報を得ようと思えば

その背景を見据えて判断しなければなりません。



政治家や芸能人などのコメントの一部だけを抜き取って

情報をミスリードするのはマスコミの常套手段です。



多くの場合、売らんが為、話題性を高めることが目的ですが

中には悪意を含んだものさえ散見されます。



個人であったり、企業単位であったり、或は組織レベルであったり

目的や意図するところは様々です。



統計や世論調査などという数字を掲げ

いかにも信頼性がありそうに見える情報も要注意です。



自身の主張に適合する統計だけを集めたり、特定部分を強調して

伝えることで、実態と乖離した内容も捏造できます。



こうした偽情報に踊らされぬためには、情報の背景を見極めることです。

発信者は誰で、その背景は。利害関係者は誰で、目的は何か。



これらを念頭に置いて元データに接すれば真実が見えてきます。

180度別の見解が得られたとしても、決して珍しくはありません。



情報は、意識的であれ無意識的であれ、常に発信者の意思が

反映されたものであるという認識こそが重要です。

情報の高度化
折角もたらされた貴重な情報も、死蔵されたのでは宝の持ち腐れです。

情報は、活用してこそ意義があります。



先ずは発信してみることです。

得られた情報を発信することで、自身の理解が深まります。



発信した情報に対し、何らかの反応があれば大きな前進です。

同意があれば情報の確度が高まり、追加情報が得られる場合もあります。



一方、異論や反論、様々な意見が寄せられる場合もありましょう。

それにより誤報と判明すれば、それもまた大きな前進です。



これら全ては、「情報の高度化」と申せましょう。

先ずは、発信することから始まります。



情報を提供する際、全てを開示することが良いとは限りません。

むしろ、必要に応じて絞るべきです。



例えば、広告や商談の際、自社製品の全てを総花的に語れば

お客様はどこに注目すべきか判断できません。



この場合、ポイントを絞ってご説明する必要があります。

状況に応じて、フォーカスすべきポイントを変えてご提案すべきです。



また、不必要な情報は相手を戸惑わせるばかりか

時には不快感を与えたり、不信感を与えたりします。



内容はもとより、順序や表現方法によっても受ける印象は変わります。

相手の立場に立って熟慮する必要があります。



情報過多の時代、情報は量よりも選別や編集による

質の高さが求められているのです。



怪しげな情報に振り回されることなく、的確な情報を発信する。

ビジネスにおいては、情報管理能力の優劣が成否を決します。





今日の一言: 情報は 精度高めて 価値磨け






このコンサルタントのコラム一覧
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
このコンサルタントのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)

同じカテゴリのコラム一覧
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
同じカテゴリのコラムへのリンク (YYYY年MM月DD日)
rWlXXLNAbv!! `p byTJqN E拌鶻/賃金制度の笹Eスターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved