経営コンサルタント探しの経営堂 お問い合わせ お気に入りに追加 HOME  経営コンサルタント探しの経営堂
経営コンサルタントをお探しの方はこちらからお入り下さい
コンサルタント検索
キャリア検索
エリア検索
コラム検索
コンサルタント登録はこちら
お問合せ・商談依頼
出版プロデュース
コンサル出版!メルマガ
ビジネス書の出版支援
当社主催セミナー情報
ビジネスセミナー(東京)
ビジネスセミナー(大阪)
メールマガジンご案内
広告のご案内
サイト広告(6000円より)
メルマガ広告(4000円より)
オファーメール(単価80円)
リンク
おすすめビジネス書
相互リンク
運営会社
会社概要
コンサルタント紹介実績
ポリシー&実績
過去のアップ情報
会員用ページ
Special Links
通販ガイド
美容・コスメ
中国ビジネス専門家
GEO TRUST SSLサイト証明
天風「成功手帳」2017
中村天風「成功手帳」2017年版!!50万人に愛用されてきた絶賛の成功ダイアリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち歩ける手帳に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々をみずから築く
伝説の新将命、登場
新将命,究極の「経営・リーダーシップ実学」
待望のリリース!
経営コンサルタント独立開業講座 講義DVD(全4巻)特別価格で販売中
広報ブログ広報ブログ
「経営堂」スタッフブログ「経営堂」スタッフブログ
社員研修は「研修堂」社員研修は「研修堂」
おすすめビジネス本コンサルタントおすすめビジネス本 書評レビュー
コンサルタントブログコンサルタント・研修講師ブログ
チャイナプロジェクト株式会社
運営:経営コンサルティングの紹介エージェントConsulgent
株式会社コンサルジェント

だからあなたは売れない!!〜この心理メソッドが営業成績を変革する
第1回 「“がんばります!”という言葉が、
                 あなたを売れなくしている」

株式会社タカハシ&パートナーズ 高橋 宗照

はじめに

同じものを売っているのに、ある一部の人は売れていて、その一方では売れない人が多くいます。

確かにそこには「トーク」や「スキル」などの差はありますが、それらよりもっと重要なこと・営業が売れるための「心理メソッド」が「欠けている」から売れないのです。

このことはPCで言えばwindowsのようなOS(プラットフォーム)に該当します。 このOSがしっかりしていないとどんなにいいスキル(アプリケーション)があってもうまく活かすことはできないのです。

このOSがなくては、「ロジカルシンキング」や「問題解決手法」などのアプリケーションは起動しません。

また最近では営業担当者の「モチベーション」の低下が企業の中でも多く言われるようになり、そのモチベーションアップを研修でお願いされるケースも非常に増えています。

どちらも大事な「思考」や「心」がないからだと私は考えています。
そしてこれらを心理メソッドが繋ぐ役割を果たすのです。

普段、中小企業のコンサルティングや研修を精力的に行っている私なりの視点で、誰でも実践が可能で、すぐ効果が出やすく、そして実際の成功事例を踏まえて、分かりやすく説いていきます。

また行動心理学・行動特性(コンピテンシー)や心理メソッドも使いながら、経営者や営業管理職、営業担当者まで活用できるコラムにしていきます。※このコラムはあえて語り口調で書いています。

よくいろいろなコンサルティング先で、営業担当者の方が「今月の目標達成に向けて、がんばります!」という言葉を、耳にタコができるくらい聞くことがあります。(この言葉を聞くと「あぁ、またこの人は今月末成績で苦労するんだろうなぁ」と思ってしまうのです)

確かに本人自身にとってその言葉にウソはないでしょうし、本気で「がんばろう!」と思っているかもしれません。しかしここがまさに営業にとっての売れない「ワナ」なんですね。言う方もそれを聞く方もそのワードがワナだとは気付いていない方々が多いのです。

「がんばる」とは何をどうがんばるのでしょうか?(がんばるのはあたり前のことですよね?)「がんばる」という言葉ですべてが分かった気でいるところが危険なんですね。

「がんばる」「がんばっている」自分に満足してしまって、目標達成が二の次になっていることは決して珍しいことではありません。

もっと簡単にいえば、「がんばる」という「自慰行為」(これをマスターベーションと言います)で満足してしまって、その自慰行為で目標達成という「本番」をできる気になっているということなのです。

また「がんばる」と言う言葉だけでは、極めて「抽象的」かつ「曖昧」なのです。曖昧だから「言い切り」ができないんです。

売れない営業の全てと言ってもいいくらい、皆この「曖昧言葉」を言います。この曖昧言葉は責任の所在をはっきりさせたくない、言えない弱い自分がいる表現なんですね。

この曖昧言葉の例として・・・
 
「僕には・・・」「私には・・・」
「○○って感じです
「私が好きな食べ物は○○(語尾があがる)ですね」

どれも言葉に余計な「修飾語」が付いていますよね?
この言葉を言いながら、交渉力を勉強しても実戦では何ら使い物にならないです。

営業の言葉・交渉シーンではかなりの部分「言い切り」が必要です。上記のような言い方をされると言われた側の内心では、「お前の好きな食べ物なんか、俺が知るわけないだろ!」と思ってしまい、もうモノを買うとかという意識に向かなくなるんですね。

一方成績のいい営業担当者はこれも同じような行動特性(コンピテンシー)を示します。
つまり言い方としては、

  「絶対目標を達成する」
  「この仕事をヤリ切る」
  「売上は○○○万円達成する」

と言い切っています。

これは確かに自分に自信がある証拠といえますが、もう一方では自分で自分に「発破をかけている」んですね。これはどの業界の営業担当者も共通しています。

売れるためには「言い切りができる」ことが大切なんですね。

ですから、「がんばります」ではダメなんです。言うなら「ヤリます」という言うべきです。それも多くの人の前で言うことが大事です。これがなかなか言えないんですね。

例で言えば、

  (A)「私は今月の売上1000万円行くよう、がんばります!」
  (B)「私は今月の売上1000万円、やります!」

確かに同じことを言っていますし、同じ目標を言っています。
しかしこれを100人の社員を前に言えますか?(5人でもいいですよ)

これを習慣化していけば、すぐ結果はそれなりに出ます。一度試してみてはいかがでしょうか?
ちなみにあなたの近くにいませんか?

「今月は絶対に目標成績を死守します!!」とか「今月は死ぬほどがんばります!!」とか・・・
ではその月末に何人の営業担当者が亡くなられましたか?

ちなみに私は、この言葉を宣言して亡くなられた方を一人も見たことがありません(笑)。

seminarinformationseminarinformationseminarinformationseminarinformationseminarinformation

コラム執筆者・高橋剛氏による【営業実践型セミナー】開催のお知らせ・in東京(3/8)

『“売れない理由”がこれでわかった!〜売れる営業人材の行動特性〜』 ※終了しました

“売れる”人材の行動特性=営業コンピテンシーを客観的かつ短期に見極めるのは難しいものです。どのような行動をすれば「売れるのか?」どうすれば営業チームの「業績が上るのか?」

◎講師:高橋 剛(有限会社タカハシパートナーズコンサルティング代表取締役)
◎日時:2004年3月8日(月)東京都中小企業振興公社にて
◎参加費:15,000円(税込)※コンピテンシー診断付。(診断なしは10,000円)

seminarinformationseminarinformationseminarinformationseminarinformationseminarinformation



■バックナンバー
 
第1回 「 “がんばります!”という言葉が、 あなたを売れなくしている」
第2回 「“最初に「お客様のために!”なんて思うから売れないんです!〜ジコチューのすすめ」
第3回 「売れないのは“なぜ?”・・・“なぜ?”がない営業マンは売れません」
第4回 「営業の極意〜“なぜ”の意識〜“尋問”にならない処方とは?」
第5回 「“うちの値段は高いんだよなぁ〜”と言う営業ほど売れない!」
第6回 「売れない営業マンを製造しない方法〜古参兵の活用(??)」
第7回 「昔の快感が今の行動を鈍らせる??」
第8回 「“私は○○です”と言えること・・・CIから考える」



■高橋 宗照/株式会社タカハシ&パートナーズ 代表取締役
http://www.t-consulting.jp/
高橋 宗照/株式会社タカハシ&パートナーズ 代表取締役
1966年生まれ。中央大学経済学部卒。大手住宅メーカーで10年間注文住宅の営業職に従事、数々の表彰を獲得。その後、不動産デベロッパーにて事業計画の立案やマンション販売等を経験。それらで得た営業スキルや独自の営業戦略・戦術を活かし株式会社船井総合研究所に入社。コンサルティング活動、研修活動を行う。その後、2001年1月、コンピテンシーや行動心理学もベースにした経営コンサルティング会社有限会社タカハシパートナーズコンサルティングを設立し、代表取締役に就任。主にヒューマンスキルの向上を主とした経営コンサルティング活動や研修、講演活動を精力的に行っている。また営業職の業績アップの手法には独自の手法を展開している。そしてコンサルティングでは「常在戦場」を是とし、研修・講演では「ライブ感覚」を大切にしている。
尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』 弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット
Copyright (C) 2001-2015 Consulgent All Rights Reserved